NPO法人キッズ・ドリーム・パートナーズ

私たちはこの世に生命(命)を頂いた目的の一つに「喜ばれる存在になる」ことが重要だと私は思います。
生まれてきた目的を達成するためには「食事道・感謝道・実践道」を学び体験することが素晴らしい人生の近道だと思います。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

なぜ虐待や育児放棄の子ども達に

私が定年後はなぜ児童虐待や育児放棄された子ども達に生涯を捧げる決心をしたか?
 
その理由の一つは10年以上前に亡くなった母の言葉です!

母は生前私に言っていた言葉があります!

母は私に定年まではどんな生き方をしてもいい。しかし人間は定年後どのような生き方をするかが大切だと言っていました!

この言葉は私の心にずっと張りついていました!

そして25年ほど前から丸山敏男先生の教えの倫理法人会で学んでいました!

丸山先生の教えの一つに『人の喜びを我が喜び』にせよとの教えがあります!

そして15年ほど前に蠍縞胴攸粘篋蟲洩声卍垢箸僚于颪いありました!

岩崎社長は食べ物が身体と心を作っていると教えて頂きました!

私は全国講師として毎日ガン患者さんや心の病から自殺願望の子ども達の個人相談を受ける日が続きました!

その中で日本中で一番心の傷が深い虐待や育児放棄された子ども達が3万人も児童養護施設で生きていることを知ったのです!

母からの教えや丸山先生の教え、食べ物の間違いから虐待がおこり、育児放棄されることを学んだ結果、3万人の孫のために定年後の生涯のテーマが決まりました!

                                      山本敏幸
助け合い | comments(0) | trackbacks(0)