NPO法人キッズ・ドリーム・パートナーズ

私たちはこの世に生命(命)を頂いた目的の一つに「喜ばれる存在になる」ことが重要だと私は思います。
生まれてきた目的を達成するためには「食事道・感謝道・実践道」を学び体験することが素晴らしい人生の近道だと思います。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 大黒柱が家の中に建っている家〜 | main | 人生は毎日がチャレンジだ! >>

ダライ・ラマ法王14世の言葉〜

20100622084156.jpg

楽観的な態度は成功への秘訣です。


全く初めから悲観的な態度をとれば、


小さなことでさえ成し遂げられないかもしれません。


ですから常に楽観的でいることはとても大切なです。


他者の幸せを大切にすればするほど、


私たちは自身の幸せへの意識も深まってゆきます。


他者へのあたたい親近感が深まれば、


自然に自分の心も安らいでくるものです。


この気持ちが、どんな恐れや不安を抱いていても


それを除く手助けとなり、直面する障害に打ち勝つ力を与えてくれます。


これが人生における究極な成功の源となるのです。


私たちは出生の直後から親の世話を受けてきました。


晩年に至り病気や老齢の苦痛に見舞われたとき、


私たちはまたも他人の親切に頼ることになります。


人生の始まりと終わりに他者の親切に頼っていながら、


どうしてその中間において私たちは他者に対して親切に振る舞わないでいられましょうか。


家庭や地域社会でも譲歩や和解の精神を広め、


対話による問題解決を試みるべきです。


争いを解決するのに対話は最良の方法で、


それは相手と対決するよりも遥かに効果的な結
果をもたらします。


正しい理由がある人は一つ一つ例を挙げて話し合いますが、


まともな支持のない人はすぐに怒りに身を任せてしまいます。


つまり怒りは力ではなく、弱さのしるしなのです。


あらゆる宗教は利己主義などのトラブルの


根源を宿している心の野放し状態をコントロールする必要性を説いている点で


一致しています。


ダライ・ラマ法王14世のことば。


学び | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kids358.jugem.jp/trackback/321
この記事に対するトラックバック